2014年7月14日月曜日

Orchid P6 oil AC
1、brownなどの濃い中間色をゆるく溶いて下書き。全体のtoneをつかむ。色調の統一感も出る。
2、固有色のmedium toneをscumbling。なるべく絵の具を少なくしておくとimpastが濁らない。
3、ligthとdarkをimpast。

太い筆で、面を塗る。輪郭を追わない。

ACキャンバス、クレソンともに下地材はなめらかだが、
前者は布の凹凸が深い。絵の具がひっかかる。
後者は布の凹凸が少なめ。絵の具が滑る。タッチが残りやすい。