2016年7月14日木曜日

水彩ナイロン筆

筆の老舗「名村大成堂」さんにお願いして、ナイロン筆の試し描きをさせていただきました。担当の方が親切に対応してくださり、本当にありがとうございました。

ナイロンの水彩筆は、イタチなどの獣毛にくらべて、腰があり穂先がそろいやすいですが、水の含みが少ないという弱点があります。それを補うため、羊毛をまぜたり加工したりするようです。水の含みの観点から私なりのランキングは

第一位: V-stock(分類はアクリル用) 
茶ナイロンの毛にV字の溝があるそうで、含みが多い。腰もあるので、細部の塗り(ドライブラッシュテクニック)によさそう。

第二位: Alcyone
茶ナイロンの毛に牛の耳毛をくわえたそうです。含みが本当にいい。V-stockより柔らかい。

その他に、グレースフル(羊毛との混合)、ナムロン(白ナイロン)、PCセーブル(イタチ毛との混合、デザイン筆)、CNクリスタル(茶ナイロン、デザイン筆)などがありますが、実用上はあまり差はないようですが、含みの点で上の2つに劣ると感じました。HALF(羊毛主体の混合)はナイロン筆というより獣毛筆に近い。